お酒を愉しむときは炭水化物はとらない!

goemon
2021年1月30日

私は炭水化物、特に白米が大好きなので、ついつい食べ過ぎてしまいます。そのため、自分が太る原因としてご飯の食べ過ぎが大部分を占めていました。更に、お酒も大好きで、ご飯を食べながらお酒もぐいぐいいけてしまうタチなんです。

メタシボリの効果と口コミを暴露!飲むだけでは痩せないのか検証してみた結果…!

しかし、このままでは、体重も増加の一途をたどるだけだし、将来の健康状態にも影響が出ると思い、ダイエットを決意しました。そうはいっても、いきなりお酒と白米を同時に制限するのは食事をストレス発散とも捉えている私には非常に過酷なものでして。一旦、炭水化物を制限するダイエットを遂行することに決めました。とりあえず、夜ご飯では炭水化物をとらないようにすることにしました。

その代わりにお酒の肴として魚や野菜、タンパク質をとれるようなものを積極的に取り入れるようにして、おつまみのレパートリーを増やすことに楽しみの重きを置くように意識していきました。効果は数ヶ月で出てきました。夕飯をどか食いすることがなくなり、今までよりも少量で満腹感を得られるようになりました。そのおかげで、毎日履いているパツパツのスーツに余裕ができはじめました。体重も減少し、今でもリバウンドはしておりません。今では新しいおつまみの開発に勤しみながら晩酌を楽しみに日々の仕事を頑張っています。少しでも、皆さんの参考になれれば幸いです。