肌には欠かせない栄養がミドリムシにはあった!

goemon
2021年5月28日

「ミドリムシ」という生物をご存知でしょうか?子供のころ、理科の教科書に登場したミドリムシです。
最近になって注目されるようになりました。このミドリムシは、実はダイエット効果や美肌効果があります。

ミドリムシって何?
ミドリムシという名前から、「緑色した虫」をイメージされるかも知れませんね。しかし、虫ではなく藻の仲間になります。

誕生は、5億年以上前から存在するミドリムシは、アミノ酸やビタミン、ミネラルなどの栄養素59種類も持ち合わせているのです。
ミドリムシは植物ですが、動物としての栄養素も含まれているのです。
栄養素のバランスも良いのでミドリムシを摂ることで、必要な栄養素は、ほとんど摂取することが出来ます。
ミドリムシの大きさは、0.05mmしかなく、髪の毛の太さよりも小さい生物になります。

透輝美トライアルキット

しかし、この小さなミドリムシですが、地球の温暖化を抑えると期待されています。
ミドリムシは植物なので、光合成を行っています。光合成とは二酸化炭素を酸素に変える働きです。
ミドリムシは、悪い環境の中でも光合成をすることが出来てしまうのです。そのため、環境面からも注目を集めています。

ミドリムシの消化率は93.1%!

健康に良い食材の代表なはのは「野菜」です。
生活習慣病を予防し、健康な生活を維持するためとして「野菜類1日350g以上」食べることを目標としているのです。(小鉢で換算すると1日5~6皿程度になります。)

1日350g以上野菜を食べることを推奨されています。しかし、野菜をたくさん食べても半分以上の栄養素が消化できない事実をご存知でしょうか。

野菜の栄養素は、硬い細胞壁で囲まれています。
栄養素を消化するには、栄養素を閉じ込めている硬い細胞壁を壊さないと吸収できません。

しかし、私たち人間は、硬い細胞壁の主要成分であるセルロースを消化する酵素を持っていないのです。良く噛むぐらいでは、硬い細胞壁を壊すことができず、栄養素を十分に外へ出すこともできないのです。
?
野菜の消化率が約40%と低い原因とは?

?硬い細胞壁によって栄養素が閉じ込められている。
?
人間は、細胞壁を壊す酵素を持っていない。

ミドリムシには細胞壁がない?
ミドリムシは、野菜のような硬い細胞壁を持たず、うすい細胞膜だけで栄養素を包んでいるのです。
細胞膜は、細胞壁に比べて非常に壊れやすいため、シンプルに栄養を外へ取り出せるのです。
そのため、硬い細胞壁を持たずに、うすい細胞膜だけのミドリムシの消化率が凄いのです。実はなんと93.1%!
ミドリムシは野菜の約2倍以上栄養を吸収できることが分かって頂けるでしょう。
栄養を取れるにはシンプルにミドリムシを活用することで、常に健康な体、肌艶を維持できることができます。