薄毛でも自分らしく好きに生きる大切さ

goemon
2020年12月9日

必死になって髪の毛を多く見せようと戦っていた10年前と比べ、今は上手い具合にそれらのプレッシャーや強迫感から解放され、随分と自然体で過ごせている自分が不思議な位です。

ニューモの本音口コミ!効果や市販状況などを詳しくご紹介!

他人から禿げていると見られても決して動揺せず、別にどうでもいい・・・という感じでやり過ごせる様になりましたし、その他の事に興味が向けば、自分が薄毛である事すら忘れ熱中出来る様になる等、人生や生活の一部として自分の薄毛を受け入れられる様になったのです。

加齢により気持ちの持ち方が楽になったのは確かでしょう。ただそれ以上に、自分の薄毛を堂々と晒し、全く気にせず活躍する有名人が増えて来た事も、少なからず私に勇気を与えてくれたに違いありません。

自分の好きな事を集中してこなし楽しんでいれば、別に薄毛や禿げは関係無い、周囲が騒いでも勝手にやっていればいい・・・そんな彼等のスタンスは、今自分の生き方や生活スタイルにも大きな影響を与えています。

ただ髪の毛で若干のハンデを貰っている分、その埋め合わせは元気なボディでしなければなりません。

少しでも身体がだらしなく見えない様、これまで以上に筋力トレーニングを精力的にこなしています。マッチョ体系なら薄毛でも格好悪く見えない・・・近場でそんな外国人を見るケースが多かった自分が辿り着いた結論です。